キャデラック霊柩車

キャデラック霊柩車

S川様のキャデラック霊柩車。

足廻りの整備を終え、エンジンストールしてしまう症状を

点検していきます。

バッテリーも弱くなると エンジン負荷時にストールして

しまう原因に繋がりますので、

測定してみますが、250CCA辺りで 電圧も低めですので

まる2日 充電をしてみますが、充電後の値をみると

充電はされているものの 車に戻しても セルも弱く

症状も改善されないので バッテリーは新品に取り替えます。

交換後は セル反応も良くはなりましたが、

結局 エンジンストールは治りません・・・

デスビキャップを外して ポイントの点検、

プラグの点検をしても 極端に状態が悪いわけでもなく

僕の信頼している近くのアメ車屋さんとお話ししたところ、

色々と教えてくださり

TBIキャブレターというタイプのようで、

このキャブは あまり調子がよろしくないらしいです・・・

エーデルや他のキャブへの交換も少し考えましたが

もう少し粘ってみたいと思い、

キャブにつくIACバルブの点検。単体点検してみると

動きが悪いので 取り替えます。

これで完治しただろうと思い

全て組み直して 試運転してみますが

変わらず・・・しかもドライブやバックにシフトチェンジ

しただけでも エンジン止まります・・・

大ハマりの入り口です・・・・

MAPセンサーも いずれは故障してしまう箇所なので

在庫であったMAPセンサーに 交換しても

変わらず・・・

もう一度 点火系統を見直して

プラグコードを見ていらた 4番シリンダーの

接点が錆びていましたので

新しく接点を カシメ直しまして

デスビが内部で ずいぶんと錆びていて

もしかしたら ピックアップコイル?と思い

ローターを外したところ ピックアップコイルの

台座部分が 粉々に割れていまして

TBI用の デスビを取り寄せて 交換して

試運転しましたら、シフトチェンジしても

ステアリングを据え切りしても 全然ストールする

気配もなく 症状は完治しました・・・

多分 進角部分の不調で 点火しなくなったのかと。。。

遠回りしてしまいましたがデスビだったようです・・・

次回は某レッカー業者さんに壊されてしまった

モールパネルの修理作業です。。。