ハイエース クラッチディスク交換

ハイエース クラッチディスク交換

クラッチが滑ってしまい、走行出来なくなった

ハイエース。

クラッチディスクを外してみると、摩耗し過ぎて土台が見えています・・・

この状態では全く機能を果たさず、最悪 相手面のフライホイールも損傷する恐れがあります。

点検の結果フライホイールは無事で、念のため クランクリヤオイルシールからのエンジンオイル漏れの点検も。

クランクリヤシールはエンジン脱着やミッション脱着などの作業の時にしかできないので推奨作業。

シールからのオイル漏れも無かったので 新しいクラッチディスクを取り付けていきます。

ミッション側は レリーズベアリングを交換。

組み戻す際には あまり再使用したくない ミッドシールやロックナットは交換。

ギヤオイルとトランスファオイルを入れ直しまして、

クラッチフルードを交換します。

久ぶりに作業したクラッチ修理で腰を痛め最悪です・・・

初老はまいります・・・