Jeep Wrangler SAHARA JK36L オイル漏れ修理

Jeep Wrangler SAHARA JK36L オイル漏れ修理

Jeep Wrangler SAHARA。

オイル漏れ修理のご依頼です。

いつもご利用頂きありがとうございます。

今回修理が必要なオイル漏れの箇所は

エンジンクランクリヤシール及びATインプットシャフトシール

となります。

事前にメンバー類、センターパイプ、リヤマフラー

プロペラシャフトなどは全て取外します。

これだけでも少し時間を要しました…

ATミッションASSYを外します。

トランスファも付いているのでかなり重たいです。

インプットシャフトシールを交換します。

こちらがクランクシャフトリヤシール。

通常のオイルシールとは違い、ブロックとオイルパンとも接地する

構造です。形が違うので対策品なのでしょうか。。。

オイルパンも外さないと交換できないので

シールを組む際には綺麗に清掃して脱脂しておきます。

オイルパンは2分割構造です。

こちらも残ったシールパッキンを除去して

部品としてガスケットの設定はないので

コーキング剤を塗布します。

ミッションを取り付ける前にリングギヤを増し締めして

オイルパンのドレンボルトはパッキン一体なので

ボルトごと交換します。

ミッションを外す際、ミッションハウジングの上のボルトは

下からでは全く見えなく、ロングエクステンションなどを

使ってもファイヤーウォールとの兼ね合いで外れません・・・

インテークマニホールドを外して上から手を入れて外しますが

この際なのでインテークマニホールドを外さないと

交換できないスパークプラグも念のため外して点検

プラグの劣化は進んでいるので

お客様の了解を得て交換します。

後々やるよりも今やっておいた方が、

費用もだいぶ抑えられますね。

インテークマニホールドのパッキンは再使用しないで

こちらも交換します。

ATFは下抜きはできないので

上抜きで抜きまして

MOTULのマルチATFを使い交換。

しばらくエンジンをかけていなかったので

あらかじめバッテリーを一晩充電しておきます。

ATFは油温の管理をしながら交換。

必須作業です。

最後によく試運転をして、

漏れやガタなどが無いことを確認。

無事ご納車となりました。

当社ご利用ありがとうございます!