AUDI A4 エンジン不調・載せ替え

AUDI A4 エンジン不調・載せ替え

2004年式 1,8L

アウディA4クワトロのご入庫です。

近くのGSさんで車検を受けたのは良いものの

お引き渡しの前に「エンジンの調子が悪いので

納車できません・・・」と言われたようで、

エンジン不調の原因を調査するのにあちこちの

お店に回されるも症状は治らず、

お客様より直接見てほしいとのご相談がありまして

確認すると、チェックランプ点灯、エンジン振動、

水温計の誤作動などがありまして

診断して確認するとミスファイアなど

沢山出てますが、コイルやプラグなどは交換されて

コンプレッション点検も異常ないとの事ですが、

念のため圧縮圧力を点検してみると

若干低い箇所がありまして、

これが直接エンジン振動に繋がっているとは

断定はできませんが、現エンジンが25万キロオーバー。

他にもオイル漏れや水漏れ、カプラー欠損など多数

あり、この状況を一つ一つ治していくかどうか

お客様と打ち合わせをしていると、

お客様がたまたま9万キロ弱の程度の良さそうなエンジン

見つけて下さいまして、この際なので程度の良さそうな中古エンジン

に載せ替えちゃいましょうとの結果になりまして、

早速分解作業へと進みまして、エアコンガスの回収、

分離したクーラーパイプのOリングなども

劣化して硬くなり、再使用するとガス漏れを起こす可能性があるので、

のちに交換していきます。

前廻りをごっそり外して、エンジンと

ミッション一式を外していきまして

エンジンワイヤーハーネスとECUは分離できないので

外して衝撃がないように保護しておきます。

オイル漏れや水漏れが激しく

ミッションとワイヤーハーネスは

よく点検して洗浄することとして、

いくら程度の良い中古エンジンとは言え

ゴム部品や消耗部品はいつか必ず

劣化して障害を起こすので

まだ使える部品と、使えない部品の選定、

何から何まで新しくしてしまえば

安心もできますが、その分お客様の負担も

多くなってしまうので、

テキトーには出来ない所でもあり、

予防整備、修理してもまたすぐ何か故障が

起きては困るので、

一人で進めているので時間はかかりますが、

抜かり無くじっくりと作業していきます。

油脂類漏れの影響で汚れてしまったミッションは

時間をかけてしっかりと洗浄をして

耐熱シルバーで塗装。

トルクコンバーターを外して

のちに起こる可能性のあるインプット

シャフトシールからの漏れを未然に予防しておきます。

エンジンとミッションを繋いでいきます。

ワイヤーハーネスを戻していきますが、

オイル漏れや水漏れに一部浸かっていた所も

ありますので、良くない所はコルゲートチューブを

剥がして洗浄。

新しいコルゲートチューブを使って

配線していき、極力ビニールテープなどは使わず

欧州車などに使われている布製の絶縁テープを使用。

エンジン&ミッションを載せる前に、

こちらも汚れているエンジンメンバーを綺麗にして

エンジン&ミッションを載せて

タイミングベルト一式を交換していきます。

クランクシャフトシール、カムシャフトシール、

ウォーターポンプやアイドルプーリーの交換、

タイミングベルトと交換しまして、

ファンベルトとテンショナーを交換して、

分解の際に壊れて結束バンドで外れないように

固定されていたコネクターを交換。

バッテリーはこんな状態でしたので

新しくしまして、

エンジンを始動して、油脂類の漏れを確認

していると、ラジエーターに繋がるオートマ

オイルクーラーパイプからATFが漏れてまして、

組み付けの際に新品に交換したのに何故か漏れてまして、

余分に取っておいたOリングに変えると漏れは治まりました。

エンジンオイルの交換は1回目を捨て油にして、

2回目にお客様持ち込みのオイルを使って交換。

ATFなども交換して、

割れていたドライブシャフトブーツを

交換していきます。

何故これで車検が通せたのか

不思議です。。。

全ての組み付けが完了。

足廻りを分解したので、1G状態での増締め

をします。

何日かかけて試運転をして、

走行中の異常が無いかを確認していきます。

念のため、中古エンジンの状態を確認する

ためにも排ガスを測定。

異音や振動、油脂類の漏れも無く快適になったので

アンダーカバーを戻していきますが、

アンダーカバーはバキバキに割れて危ないので、

走行中風などでバタバタ遊ばないようにあらかじめ固定。

作業の合間を見て、外したエンジンの分解をして

何が原因だったのか調べていましたが

2番シリンダーのピストンのクリアランスが

大きい状態でした。

付きっきりでは出来なく時間を要してしまいましたが

無事全ての作業が終わり納車となりました。