海外・国産メーカー問わず、福島市の車検・整備・修理はお任せください。

BMWミニクロスオーバー クーパーD

ディス られ男 です。 エンジン修理を進めているクロスオーバー。 サイドカバーを清掃して 再使用できないクランクシールを交換。 チェーン、テンショナー、ガイドを交換して、 サイドカバーとフライホイールを取り付けます。 先に外しておいたバルブカバーのパッキンや インマニのパッキンも交換して、 ミッションをエンジンに繋ぎ、取り外しとは逆の手順で 車体に載せていきます。 ゆっくり慎重に動かさないと 色ん […]

BMWミニクロスオーバークーパーD

  • 2019.05.20
  • BMW

エンジン修理でお預かりしているクロスオーバー。 エンジン、ミッションを同時に車体から外し ミッションが付いたままだと タイミングチェーンの 作業ができないので エンジンからミッションを切り離しまして、 エンジンスタンドにセットします。 縦置きエンジンは何度もスタンドにセットした事はありますが、 横置きエンジンは初めてです。 エンジンに付く補機関係を外して、スタンドが取り付けられる状態にして サイド […]

BMW ミニクロスオーバークーパーD

  • 2019.05.17
  • BMW

BMWミニクロスオーバークーパーD。 エンジン修理でのご入庫です。 症状はエンジン始動直後、冷間時にガチャガチャと異音がします。 よくミニクーパーはタイミングチェーンのテンショナーが不具合を 起こし異音に繫がる事が頻繁にありました。 でもそれは年式が比較的古い車両で、ご入庫中のミニは 平成26年式の高年式。最新式のクリーンディーゼル車で本国では 「高性能。壊れない。」と有名だそうです。 早速 点検 […]

NEW BEETLE③

お腹の調子をリズミカルに整えたい今日この頃です。 試運転の帰りに、水温計の警告音が鳴って 走行不能になってしまったビートル。 これはオーバーヒートしたんじゃね?っていうくらいの エンジンブロー、煙モクモク。。。 映画みたいにボンネット開けて悔しがりたい所ですが、 恥ずかしいので会社に戻り点検しますと、以前交換した ハウジングに亀裂が見つかりまして、 これは目の錯覚なのか、今まではこんな事なかったの […]

NEW BETTLE②

すぐそこまで春が来ている陽気ですね。 先日、冷却水漏れで修理しましたビートル。 納車後、お客様より「水温計が点灯して煙が出た」 との事で再度ご入庫させていただく事になりました。   間違いなく部品も良品に取り替えましたし、 水温も外部診断機を使って確認。 何度も試運転をして完璧な事を確認してご納車したのに 何故!? 水温が上がって煙も出たとの事ですので もしかしたら オーバーヒート?の不 […]

VW NewBeetle

ビートルの冷却水が漏れている との事で ご入庫です。 不具合箇所は、リザーブタンク、それからシリンダーヘッド横に着く ウォーターハウジングのようです。 ウォーターハウジングはヒーターホースとラジエーターアッパーホースがつながり テンプセンサーが入る箇所です。。。 リザーブタンクは継ぎ目から少しずつ漏れているようで タンクの交換は比較的簡単。ビートルに限らずワーゲンや ジェッタ等の定番残念な所ですね […]

レガシィ オイル漏れ修理②

オイル漏れ修理でお預かりしている レガシィ。 溶接部分で 亀裂が入り 折れてしまってる パイプを摘出します。 パイプを外し、新品部品と見比べてみますと、、、 あらら、、ボルトで止まるブラケット部分に補強されています。 対策されていますね。。。対策部品が出るという事は 物が弱いということですね。。。 まあリコールまでは出ていないものの、ちょっと考えてしまいます。 とりあえず新品パイプを取り付けて 他 […]

レガシィ オイル漏れ修理

レガシィ 2007年式 BP5 エンジンオイルの漏れ修理です。 漏れている箇所は ロッカーカバーと タービン上部付近でして、 漏れの状態が半端なく、下から覗いて確認していると 顔面が オイルまみれになりますので、 実際に分解をしながら 確認していくしかありません。。。 タービンを外すのにも、マフラーや 遮熱板などを外さないと アクセスできなく、タービンを外してしまえば エンジンかけての 確認はでき […]

マツダ ファミリアBHA7P

ファミリアの続き。 サスペンションを組み付けようとしたら、 アッパーマウントがボロボロで この状態では 危なくて組み付けられませんので、 左右のアッパーマウントを 新品に取り替えまして、 旋回時に カラカラと異音がでている ドライブシャフトも交換しまして、 組み付けも終盤、エンジンをかけようと思いきや、 ヒーターホースからクーラントが漏れ出しまして、 エンジンがかけられまへん・・・ 見たら ホース […]

マツダ ファミリアBHA7P

マツダ ファミリア 95年式 BHA7P 4EE1 ディーゼル車の修理です。 クラッチの調子が悪く、ペダルもパンパンに張っていて、 トランスミッションがエンジンに繋がったままだと 中の状態の確認ができないので トランスミッションを下ろして 内部を確認します。すると、レリーズフォークがブチ破れて貫通して ピボットが丸見え。。。 レースカーでしょか。。。 年式が古いので 入手できる部品は多くありません […]

1 5