BMWミニクロスオーバークーパーD

  • 2019.05.20
  • BMW
BMWミニクロスオーバークーパーD

エンジン修理でお預かりしているクロスオーバー。

エンジン、ミッションを同時に車体から外し

ミッションが付いたままだと タイミングチェーンの

作業ができないので エンジンからミッションを切り離しまして、

エンジンスタンドにセットします。

縦置きエンジンは何度もスタンドにセットした事はありますが、

横置きエンジンは初めてです。

エンジンに付く補機関係を外して、スタンドが取り付けられる状態にして

サイドに付くフライホイールを外しまして

サイドカバーを分解。

合計3本のタイミングチェーンと、2個のテンショナー、それぞれに付くガイド。

全て外していきますが、メーカーによると「スペシャルツール」なる特殊工具が

必要なようで、

フライホイールを固定するロックツール。

クランクシャフトを圧縮上死点で固定する工具。

それから画像はありませんが カムシャフトを固定する工具があるようで、

写真の2種類の工具は持っていますが、カムシャフト用が無く、

金額がなんと6〜7万円程・・・

ん〜…買っても多分頻繁に使う事はないでしょう。。。

「無いのなら 作ってしまえ フリーザ軍」

という事で、

肝心なのは カムシャフトが動かなくなれば

良いだけですので、

型紙を カムシャフトの形に切り出して、

3ミリ厚の鉄板を使い カムシャフトに当てがいまして

カムシャフトが固定されている時に万が一動いたりしないように

両端にシリンダーヘッドとの間を固定しておく穴を開けて

番線で縛っておきます。

「今朝も朝から 大!!」

これでクランクシャフトを固定用工具で押さえます。

チェーンはカムシャフトからインジェクションポンプ、

インジェクションポンプからクランクシャフト、クランクシャフト

からオイルポンプと繋がってまして、カムシャフトからインジェクション

ポンプ間のチェーンテンショナーを外して テンションの硬さを調べて

みると、スカスカでして・・・新品と比べてみても一目瞭然。

これが原因でチェーンの遊びが出たのかと思われます。

チェーン、チェーンガイド、テンショナーを新品と比較して

部品に違いが無いことを確認しまして、

サイドカバーは シールパッキンで取り付けますので、

先に綺麗に清掃して よく脱脂しておきます。

9314!