BMWミニクロスオーバー クーパーD

BMWミニクロスオーバー クーパーD

ディス られ男 です。

エンジン修理を進めているクロスオーバー。

サイドカバーを清掃して 再使用できないクランクシールを交換。

チェーン、テンショナー、ガイドを交換して、

サイドカバーとフライホイールを取り付けます。

先に外しておいたバルブカバーのパッキンや

インマニのパッキンも交換して、

ミッションをエンジンに繋ぎ、取り外しとは逆の手順で

車体に載せていきます。

ゆっくり慎重に動かさないと 色んなところに当たって

傷が付いたり 壊れてしまいますので気を使います。

なんなんすか!・・・と言われそうです。

ラジエーターやコンデンサー、サポート類を組み戻したら

LLCを入れる前に 水道水を入れ、取り外した冷却ラインから漏れが

無いことを確認。LLCを入れて冷却ラインのエア抜きをします。

ATFはレベルゲージや上から入れる箇所がないタイプですので、

オイルパンより入れていきます。使用するATFはワコーズSFスペック。

なにもBMW純正じゃなくても大丈夫ですよ。ネットで買えます。

診断機を使い温度管理をしながら交換すれば問題なくできます。

エンジンオイル、LLC、ATFを済ませます。

分解時に外したヘッドライトは3本のボルトで固定されますが、

かなり「遊び」があるので、バンパーを組む前に

ライトの光軸調整をしまして、

いよいよ仕上に入りたいと思います。

今日もだだだ大!!!