1990 Cadillac Brougham

  • 2019.07.13
  • GM
1990 Cadillac Brougham

新規車検を進めています S川様のキャデラック。

テールランプ前に着くエンドパネルが割れてしまって

新品のパネルを取り寄せていただいて、

塗装して取り付けていきますが、

トランクパネルに ブーメランアンテナを付けたいんです

という事ですので、喜んで付けさせていただきます。。。

トランクも 色が割れていたり、浮いていたりと

再塗装をお願いされましたので、

エンドパネル、トランクパネル、ブーメランアンテナの

同時進行で 作業を進めていきます。

昔友達がブーメランパンツを履いて暴れて

いたことを思い出しますが

どの辺りに付けるのがカッコイイかと

S川様と相談して、希望の位置を確認。

位置をよく確かめて けがいていきまして

ブーメランアンテナとパネルは 超強力マグネットで

付くようですが、走行中万が一外れて 後続車の

人に突き刺さり、鎧兜みたいになっても困るので、

今回はパネル裏からのボルト止めで

付けていきます。隙間には何もパッキンやシートがないので、

パネルの真ん中に 微妙に三角の角度が付いて

そのままだと 座りが悪く 落ち着かないので、

トレースシートに 型を写し

ゴムシートに 転写して ブーメランアンテナ用の

パッキンを作成。

塗装屋さんが頑張って

トランクパネルの塗装を進めていきますが、

裏側や 耳の部分の状態が悪く

きちんと修理しないと また再発して

しまうので

下地やシーリング作業を きちんとやってくれまして、

裏側まで色が入り 綺麗になりました。

傷が付かないように 慎重に

組付を進めていき

ブーメランアンテナも 間に作っておいた

ゴムパッキンを挟んで、違和感なく完成。

順番が てんでばらばらになりますが、

試運転の際、加速時に息継ぎしていましたので

デスビの交換も依頼されまして、

ボンネットが付いている状態だと

作業性が悪いので、ボンネットを外して

デスビを交換。

組付の際に デスビを抑えておくボルトが折れる・・・

というトラブルもありましたが、なんとか修復して

こちらも 順番がばらばらで 車検を受ける前の作業で、

ウォッシャー液が出なくて車検が受からないので、

タンクの上に入る部品が動かないので 分解して中身を見たら

ガラス管の中で 銅線が切れてまして

これかと思いきや、この部品はウォッシャー液の

レベルを検知する部品のようで 勘違い・・・

勉強不足ですみません・・・

しかし モーターは動かないので、

ちょうど良いサイズのウォッシャーモーターが在庫であったので

タンクの下側に穴を開けて

ウォッシャー液が 漏れていないことを確認。

モーターの配線は 分岐タップを使い結束しまして

ナンバー取得も終わり 完成です。

ありがとうございました。🙆