シトロエンC3 ATフォルト表示 EGチェックランプ点灯

シトロエンC3 ATフォルト表示 EGチェックランプ点灯

2010年式 シトロエンC3。

エンジンチェックランプ点灯と、トランスミッションのフォルト表示が出るとの事でお預かりです。

早速LAUNCH X-431を繋ぎ 診断と点検を進めていきます。

先にエンジンを点検。

3番シリンダーミスファイアが出ています。

エンジンも若干の振動がありますので間違いないと思いますが念の為コイルの抜き差しをして現象確認。

3番シリンダーコイルを確認してもアイドリングに変化はなかったので、イグニッションコイルを交換します。

故障コードを消去して、アイドリングを確認。

振動も無くなり快適になりました。

続いてATミッションの点検です。

修理前の試運転では 変速時にショックが大きいのと リバースに入れるとフォルト表示点灯。

プラス❄️マークやSマークが出たり・・・

恐らくソレノイドバルブ不良。ATFを抜いてみるとだいぶ汚れてました。。。

次はATオイルパンを外しての点検に進みます。