グランディス ファンベルト切れ修理 組付

グランディス ファンベルト切れ修理 組付

ファンベルト切れでお預かりしたグランディス。

組付作業に入ります。

タイミングベルトの外にフロントカバーが付きますが

水や異物を防ぐパッキンが劣化して硬くなっています。

よくカチカチになって折れたり 無くなっていたりしますが

欠落している箇所はないので 折れないように外して

洗浄します。洗浄後はよく乾燥させてシーリングをして圧着。

フロントカバーにはクランクポジションセンサーのコネクターもあるので

よく乾燥させます。アッパーカバー、ロアカバー、取付ボルト類も

綺麗にして 組付を待ちます。

その間に、スパークプラグを外して整備をしていましたが

プラグを抜く際、プラグホールに大量のエンジンオイルが。。。

プラグホールパッキンが役目を果たしていません。

ここも付随作業で今回修理しないと どんどんエンジンオイル

プラグホールに進入してしまい 二次災害に繋がりますので

早急に部品を手配して修理していきます。

 

ゴムの硬さが全然違います。

バルブカバーのパッキンも交換しまして

トルクで締め付けます。

もちろん イグニッションコイルもオイルでヒタヒタでしたので

分解して洗浄します。

スパークプラグは イリジウムプラグを使っていますので、

ギャップ調整等はできないので、洗浄後 スレッドコンパウンドを

塗布して組付します。

損傷したVベルトプーリーの交換、新しいファンベルトを取付。

エンジンオイルの交換。

クーラントを入れますが、まだエンジン内部には汚れた

クーラントが残っていますので、次回交換のサイクルを

早めていただくように アドバイスをしないといけません。

規定の温度付近で サーモスタットが開弁することと

電動ファンの作動を確認。

最後に試運転と 各部の確認をして完了です。

今回はファンベルトが切れたとはいえ、大事に至らなくて

安心しました。

色々な車両を掛け持ちで作業している為、お時間がかかりますが、

焦らず正確な作業をすれば 自ずと結果はついてきますね。。。