2007年 PTクルーザー 不具合修理・車検

2007年 PTクルーザー 不具合修理・車検

修理中のPTクルーザー。

PCMとミッションの不具合の修理は完了。

試運転の時からクーラントがジャージャー漏れてて、

車検を通せるレベルではないので、

アッパータンクがパックリ割れているラジエーターを交換。

これでラジエーターの脱着が3〜4回😓

クーラーコンデンサーも洗浄して組付。

電動ファンの配線が腐食していて

コネクターから引き抜くと、ギボシ端子がほぼ無くなっていて

これでは導通せず、オーバーヒートにつながるので

腐食している部分の配線だけを外に出して

別に設けます。

エンジンオイル漏れの修理もご依頼されたので、

進めていきます😄

オイルパン後方、ミッションとの繋ぎ目部分からの

漏れと、バルブカバーからの漏れですが、

オイルパン付近は、クランクリヤシール漏れの可能性

もあるので、エンジンブロックとミッションハウジングを

繋ぐブラケット等を外して点検すると、オイルパンガスケット

からの漏れのようで、

オイルパンを外して洗浄して、

ガスケットを交換します。

古いガスケット側は、だいぶ劣化して潰れていました。

オイルパンにはエレメントが付くハウジングが

あるので、それらのガスケットも交換。

エンジン上部、バルブカバーを外していきます。

こちらも綺麗に洗浄しまして、

ガスケットとプラグホールのガスケットも

交換します。

バルブカバーを外す際、インテークマニホールドの

上側を外しますが、下側も油でギトギトで、

組み付けるのにちょっと気分が引けますので

ついでに洗浄しておきます。

インテークマニホールドの下側を外すと、

インテークポートが見えますが、

ワニスやカーボンで少し汚れているので

エンジンコンディショナーを使い洗浄します。

後にインテークマニホールドを組みますが、

先に点検しておいたスパークプラグを交換。

水回りはラジエーターからの漏れの他、

サーモスタットハウジングからの若干のにじみ

もあるので、サーモスタットASSYで交換。

追加でご依頼があり、

ラジエーターのアッパーホース、ロワホース

共に交換。

マウントゴムが割れているエンジンマウント

も交換して、次は足廻りの整備に進みます✊