BMW E91 修理・車検

  • 2022.05.28
  • BMW
BMW E91 修理・車検

BMW E91。

不具合修理と車検のご依頼です😄

不具合の内容は、エンジンのかかりが悪い、

クーラント漏れやエンジンオイルの漏れ

を起こしているとの事で、

診断してみると、多数のミスファイアを検出。

一見イグニッションコイルを疑いがちですが、

エンジンがかかり暖機すると、次にかける時は

一発始動。イグニッションコイルも何年か前に交換済み。

燃料の後垂れの可能性があるので

エンジンを止めて翌日プラグを外します。

プラグホールを見てみると、何個かのシリンダーが

燃料で濡れていて、プラグも濡れていました。

インジェクターの後垂れで、冷えた後にエンジンをかけようと

すると、かぶって始動性が悪いと思われます。

インジェクターを注文して交換していきます。

(写真は5本ですがこのBMWは6本です)

インジェクターはただ入れ替えても動きませんので

キャリブレーションしてコンピューターに同期させます。

インジェクター交換後はエンジンのかかりも

スムーズになり、エンジン始動性の不具合は完治😄

次はクーラント漏れの修理へ。

漏れている箇所はラジエーター上部の樹脂製の

タンクからでして

ラジエーターとアッパーホースを交換。

ちなみにこのBMWは3回目の交換です😓

社外品→純正→社外品と部品の品質が悪いのか

純正品を組んでも後に漏れてきた事がありました😩

お次はエンジンオイルの漏れ修理。

バルブカバーからの大量のオイル漏れが判明。

バルブカバーを外してパッキンを交換しますが、

パッキンは経年劣化でゴムがカチカチ😓

パッキンの交換は勿論ですが、

洗浄後によく乾燥させてみたら、カバーにクラック

が入り、そこからも漏れていたようです。

バルブカバーは純正品しか供給が無く、

金額も高価なので、今回は特殊な接着液で

割れている箇所を補修します。

パッキンを新品に交換して

組んでいきます。

組み付け後、漏れの確認をしても

オイル漏れは見られませんので

補修とパッキン交換でオイル漏れも治りました。

右側のステアリングラックブーツが

割れてはいないものの、

ギヤボックスに付く所が千切れて

結束バンドで止まっていまして

これでは外れるのも時間の問題。

新品に交換してブーツ用のバンドで固定。

ブレーキ関係は特別異常もないので、

面取りと給油、ブレーキフルードの交換。

エンジンオイルとフィルターを交換して

今回は添加剤を入れます。

しばらくエンジンをかけない日が続いたので

バッテリーの充電をしまして

最後に診断をして故障コードが

入っていない事を確認。

試運転をして不具合がない事を確認して

車検を通して完了です。

今回も当社ご利用ありがとうございます😄